歯ブラシのかたさはどれがいい?

トップページ/アクセス・お問い合わせ/ブログ一覧

皆さん歯ブラシを選ぶときはなにを基準にしていますか?歯ブラシの大きさ、形、ブランドなど、いろいろな好みがあると思います。そのなかで選ぶときに迷う項目の一つに、”歯ブラシのかたさ” があると思います。

みなさんは、どのような歯ブラシのかたさのものを選んでいますか?

売っている歯ブラシは、基本的に大きく分けて「柔らかめ」「普通」「堅め」の3種類に分かれていると思います(もしくは「ソフト」「ミディアム」「ハード」)。メーカーによっては、「やや堅め」や「ウルトラソフト」など、さらに歯ブラシのかたさを細かくしている所もあります。では、いったいどのような歯ブラシを選べば良いのでしょうか。

歯磨きの目的は、汚れをしっかり取ることです。よって、最も汚れを落とせる歯ブラシが推奨されるべきですね。

過去の研究論文を読んでみると、歯ブラシの毛先はかたい方が、プラークの除去率が高いという報告がいくつかあります (K suzuki et al. 1971)。確かに硬い歯ブラシは使っていてもごしごしと汚れを落とせる様なイメージがありますね。

一方で、本研究は歯列不正のない(歯がまっすぐ並んでいる)人を対象としています。歯並びがよく、まっすぐ並んでいる人はかための歯ブラシでも良いかもしれませんが、すこしがたがたしていたり、奥のカーブをしている場所などは、歯ブラシの毛先の “しなり” を利用する必要があります。

海外における過去の研究では、歯ブラシの毛先は普通〜やや硬めくらいが有効であるという報告もあります。(Seo EO et al. 2003)

また、歯ブラシの際に力を入れすぎてしまう人の場合、毛先が硬い歯ブラシで歯が削れすぎてしまうこともあります。その場合は、少し柔らかめの歯ブラシが良いかもしれません。

超軟毛と軟毛ブラシについて、細菌の除去率ならびに歯の摩耗(削れやすさ)について検討している過去の研究では、かたさによって細菌の除去率に有意差が認められなかった一方で、軟毛ブラシのほうが超軟毛に比べて歯が削れやすいとの結果が認められました (Jeong MJ et al. 2018)。

一方で、私の臨床的感覚としては、やはり超軟毛(ウルトラソフト)だけではプラークが全部除去できないと感じることもあります。当院では、歯茎がものすごく腫れて痛くて磨けない人や、歯周手術後の患者さんに超軟毛ブラシを主に推奨しております。

さて、今回は歯ブラシのかたさについてお話しいたしましたが、かたさもメーカーによって基準が違います。また、形や大きさなど、その他にも考慮しなければならない項目がたくさんあります。まずは、衛生士さんや担当ドクターに歯ブラシを選んでもらうのが一番確実だと思います。また、歯間ブラシやフロスなどの補助的清掃器具も重要ですよ。

コロナウイルスで皆さん大変だと思いますが、歯ブラシで口腔ケアにつとめ、コロナに打ち勝ちましょう!

 

歯周病治療について

(管理者) 鈴木瑛一 歯科鈴木医院 副院長 日本歯周病学会専門医

トップページ/アクセス・お問い合わせ/ブログ一覧

関連記事

  1. 肺炎と歯周炎との関係

  2. 喫煙と歯周病との関係

  3. 歯周病学会に参加してきました

  4. メタボリックシンドロームと歯周病との関係

  5. 年末の大掃除

  6. おうちで口腔ケアを

PAGE TOP