学会認定医・専門医について

トップページ/診療案内/医院・スタッフ紹介/アクセス

 

当院では、日本歯周病学会認定医・専門医ならびに日本矯正歯科学会認定医が所属しています。
 

認定医・専門医とは?

それぞれの診療領域において適切な教育を受け、十分な専門的知識・診療技能を修得し、患者から信頼される標準的な専門医療を提供できる医師とされています。
基本的に認定医や専門医を習得するためには、それぞれの診療領域を担当する学術団体(学会)が定めた施設の元で一定期間研修を行った後、学会が定めた試験を通過する必要があります。

歯周病認定医・専門医

日本歯周病学会は「歯周病学に関する幅広い分野で歯科医学の医療水準の高揚,次世代人材の育成・国際化の推進,日本における歯周病の研究,教育,医療および予防を発展させ,国民の保健ならびに公益の増進に寄与すること」を目的に1957年に設立された学術団体であり、現在1万名を超える学会員が所属しております。
その中で歯周病認定医は「3年間
研修施設で研修して、基本的な歯周治療の知識と技量をマスターした上で認定医試験に合格した歯周病学会員」、専門医は「5年間あるいは認定医取得後2年間研修施設で研修して、専門的な歯周治療の知識と技量をマスターした上で専門医試験に合格した歯周病学会員」となっております。
現在全国で1200名しかおらず、歯周病学会会員中の約10%、全歯科医師の約1%しかいません
また2018年現在、歯科分野において、厚生労働省に看板広告が認可されているものは5つしかありませんが、歯周病専門医はその中の一つになっております。

歯周病専門医 鈴木瑛一

 

 

 

 

歯周病治療についてはこちら

矯正認定医

日本矯正歯科学会は、歯科矯正学・矯正歯科臨床の進歩・発展を目的にし1926年に設立された対外的にも日本を代表とする学会です。日本各地の矯正歯科医を中心に、7,000名程の会員により構成されております。学会認定医になるためには、学会が定めた研修施設で5年以上研修を行い、論文執筆や試験及び症例提示による審査に合格しないといけません。矯正治療を行っている歯科医師は3万人以上といわれていますが、日本矯正歯科学会認定医はその15%程度しかいません。
矯正専門医 鈴木彩

 

 

 

矯正治療についてはこちら

年々、様々な歯科関連の学会は増えています。学会の種類は様々ですが、中には書類選考だけでも認定医のような資格が取れてしまうものも存在しており、インターネット上で認定医の宣伝をしている歯科医師も多くいます。当院では、厚生労働省の認可学会であり、さらに各専門分野で国内最大級の学会会員の認定医・専門医が所属しております。
2018年現在、板橋区内で厚生労働省認定の歯周病専門医が所属している医院は3つのみ、日本矯正歯科学会認定医は板橋区で6人のみです。
 
是非、当院で専門的な治療を受けてはいかがでしょうか→アクセス・ご予約はこちらから

 

トップページ/診療案内/医院・スタッフ紹介/アクセス

PAGE TOP