トップページ診療案内虫歯治療〉再植と移植 

 

再植と移植

再植とは?

再植とは、事故などで抜けてしまった歯を、元々歯があった場所に戻すことをいいます。

虫歯治療における再植(意図的再植法)

当院では、根の治療を行っても治りが悪い症例に対し、再植治療を行うことがあります。

虫歯が大きくなり、そのまま治療をせず放置していると、細菌が神経まで達し、その後根の外に膿の袋を作ります。→虫歯治療

通常の治療では、根の中を道具や薬品できれいにしていき、細菌の感染源を取り除いていきます。根の先の部分に関しては、体の免疫機構が働き、細菌と戦っていきます。そして免疫が勝利した場合は膿の袋がなくなり、なくなった骨が再びできてきます。

しかし、根の中は複雑に分岐していたり、道具が届かなかったりと、完全にきれいにするためにはいくつかの障害がある場合があります。その場合は、根の先にある膿は治らず、腫れや違和感がいつまでたっても良くなりません。その場合、再植治療を行う必要が出てきます。

根の治療中の再植治療の適応は主に次の通りです。

  • 膿が大きく、完全に良くならない場合
  • 根の中に硬い材料が詰まっており、先まで道具が届かない。
  • 根が急激に曲がっている、分岐しているなど、完全に清掃できない。

歯を抜くことにより、外での治療が可能となり、確実に原因の除去を行うことができます。

いろいろな制限がありますが(抜くのが困難な形の根には適応できない、できるだけ短時間で行わなければいけない等)、うまくいけばとても良好な経過を辿ることが多い治療法です。

 

移植

当院では、智歯(親知らず)などを利用した移植治療も行っております。

親知らずはほとんどの場合噛むことに関与しておらず、抜歯の対象となりますが、他の場所に抜歯対象の歯があった場合、移植歯として利用できる場合があります。

他にも、骨の移植や歯茎の移植も行っております。→歯周組織再生療法

まずはお気軽にご相談ください。

ご予約はこちらまで→お問い合わせ・アクセス

トップページ診療案内虫歯治療〉再植と移植 

PAGE TOP